スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まどか「さやかちゃんがそんな人だったなんて……絶交だよ!」

kanji-file-name-155_convert_20110720095915.jpg

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 15:15:09.81 ID:+Botx8oL0



さやか「こっちだってあんたとなんて絶交だよ!」

まどか「仁美ちゃんはどっちなのさ!」

仁美「えっと……どちらかというならさやかさんの方ですけど……」

まどか「そんな……」

さやか「身の程を知りなよまどか……いまなら許してあげるよ?」

まどか「たまたまだよ!たまたまそっちが二人になっただけで統計をとったらこっちがうえだよ!」

まどか「そうだ!ほむらちゃんは!ほむらちゃんはどっちなの?」


ほむら「え?何の話?」

まどか「何いってるのほむらちゃん!」

さやか「転校生だってこっち派に決まってるさ」

まどか「そんなわけ無いよ!ほむらちゃんの事、私信じてるもん!」

ほむら「話が見えないのだけど……」

まどか「ほむらちゃんはタケノコ派だよね!」

さやか「キノコ派に決まってるじゃない!」

ほむら(すぎのこ……なんて言ってはぐらかしたら袋叩きにされそう……)

ほむら「えっと……まどかがタケノコで……美樹さやかと志筑仁美がキノコってことでいいのかしら?」

まどか「うん、あの二人の味覚はおかしいみたいなんだ」

さやか「どっちがおかしいのかそろそろ認めたら?」

ほむら(正直どっちでもいい……ただ、人数で考えると1対3より2対2になるタケノコ側に行ったほうが穏便に……)

ほむら(すぎのことかコアラのマーチとか言っても無駄な気がするし……)

ほむら「えっと……じゃあタケノコかしら……」

まどか「じゃあってどういう事!ほむらちゃん」

さやか「本当はどうでもいいって思ってるんじゃないの?遊びじゃないのよ?」

ほむら「ご、ごめんなさい……えっと……その……どちらかというならタケノコです……」

さやか「はぁ?あんたタケノコとかおかしいんじゃないの?」

ほむら「ご、ごめんなさい」ビクビク

まどか「やめてよ!ほむらちゃんが怖がってるじゃん!」

ほむら「まどかぁ……」

まどか「これで2対2だね」

ほむら「あ、あのでもどっちも美味しいと思うんです……だから喧嘩は……」

まどか「え?何?もしかしてほむらちゃん……中立厨?」

さやか「はぁ?ある意味タケノコ派よりうざいじゃん」

仁美(暁美さんの気持ちがわかるのですがいいだせませんね……)

ほむら「ごめんなさい……その……えっと……」

まどか「もう一度聞くよほむらちゃん、ほむらちゃんはタケノコ?キノコ?それとも中立厨?」

ほむら「え、あ……タケノコ……です……」

まどか「やっぱりほむらちゃんは私の最高の友達だね!」ギュゥ

ほむら「あ、鹿目さん///」

さやか「はぁ……まぁいいわ、この場にいる人数では対等になったわけだ」

まどか「その言い方は他にキノコ派がいるっていいたいの?」

さやか「まどか、恭介とか中沢とか早乙女先生もキノコ派って知ってた?」

まどか「そんな……いままでキノコ派の授業をうけていたなんて……」

まどか「でもね、さやかちゃん……それを言うなら私の一家が全員タケノコ派って気づいてた?」

さやか「あんたの一族って味覚おかしいんじゃないの?」

まどか「言ってくれるねさやかちゃん……」

さやか「あんたこそ……」

まどか「マミさんに聞いてみようか」

さやか「あの人はいつもお菓子作ってるし本当に上はどっちかはっきりしそうだね、望むところよ」

まどか「結果はまぁ考えるまでもないけどね!」

ほむら「あ、あの……喧嘩は……」

仁美(お二方についていって収まるのを待ちましょう……)




マミ「えっと……キノコかタケノコかを聞きにきたと」

まどか「なんでキノコを先に言うんですかマミさん!タケノコが先でしょ!」

マミ「え?あっごめんなさい、タケノコかキノコって言えばいいのかしら?」

さやか「キノコが先ですよマミさん」

マミ(どっちからなのよ……というか自分でお菓子作るから食べてないわよ……)

マミ「えっと……どちらも甲乙つけがt」

まどか「マミさん、まさか中立厨ですか?」

さやか「はぁ?信念も何も無い中立厨だったとか幻滅なんですけど」

マミ(誰か助けて……あ、暁美さんなら……何かいい案を……)

マミ「あ、あの……暁美さん?」

ほむら「ひぅ……な、なんですか巴先輩」

マミ(性格がねじ曲げられてる……どうしてこんなことになっているの……)

マミ(ここは幻滅されようとなんだろうと正直に言いましょう……)

マミ「その……実は私……お菓子って買わないから……食べたこと無いの」

まどか「マミさんって今まで人生の9割9分9厘を損してきたんですね!」

さやか「今まで何を楽しみに生きてきたんですか?」

マミ「ぐす……私がなにをしたっていうのよぉ……」

まどか「いままで損した分、今からタケノコを食べて取り戻しましょうよマミさん」

さやか「これからはキノコを食べることを楽しみに生きていきましょうよマミさん」

マミ(あ、この子達逃がしてくれる気はないのね……)

マミ「わかったわ……いまから買いに行きましょう」



マミ「買いに行く途中で見かけたから拾ってきたわ」

杏子「タダでお菓子が食えるって聞いたもんでな」

ゆま「キョーコと一緒にお散歩だったのに」

マミ「両方の食べ比べだから、このきのこの山とたけのこの里袋でいいわよね?」

まどか「生まれてはじめてこの両方入った誰得商品の存在意義がわかった気がするよ」

さやか「それに関しては同感ね」

ゆま「あ、ゆまタケノコのほうが好き!」

杏子「好き嫌いすんなよゆま」

まどか「違うよ杏子ちゃん、これは好き嫌いじゃなくて味覚障害かそうじゃないかの話だから」

杏子「え?」

さやか「チッ」

マミ(あ、今なら2対3だからキノコ派ってことにしたら私の決定で何かが決まったりしない……)

杏子「私はどっちかっていえばキノコかなぁ」

まどか「そっか……残念だよ杏子ちゃん……何でも食べるゲテモノさんだったんだね」

杏子「なんだよその言い方!」

ほむら「や、やめてください!」

まどか「ほむらちゃんに免じてこれぐらいにしておくよ杏子ちゃん」

杏子「なんだよあの威圧感……」

さやか「気にしなくていいよ、杏子の味覚は正しいから」

ゆま「キョーコと離れちゃった……」

杏子「こういう袋買ったときに分けるのが楽になるしいいじゃねぇか」

ゆま「そうだね!」

マミ(あれ?追い詰められた?私の決定できまっちゃう?)

マミ(思いついたわ!あの二人を呼べばいいのよ!)

マミ「ちょっとある二人を呼んでくるわ!」

まどさや「?」



織莉子「で、私たちが呼ばれたと」

キリカ「恩人の頼みだからしょうがないね」

マミ(この二人はおそらく二人してどちらかの派閥に入るからその後に選べばどっちを選んでも問題ない!)

織莉子「私はタケノコの方ですわ」

キリカ「私はキノコだね」

マミ(この二人がわかれた!!!)

キリカ「織莉子にあーんして食べされてもらいやすいからね、キノコのほうがすきだよ」

織莉子「袋で買って二人で食べてますもの」

まどか「タケノコ派がキノコ派となれあってんじゃねぇよ……」

さやか「まぁ数としては考えておくわ……」

マミ(ど、どうしよう……)

マミ(ここできのこの里!とかいってみたらどうなるのかしら……)

QB「やれやれ、様子を見に来たらきのこの里だとかたけのこの山だとかわけがわからないよ」

さやか「まどか!そっちの耳毛もてよ」

まどか「今回は協力してあげるよ」

QB「何をするんだいまどか、さやか」

まどさや「うおらぁ」ブチィ

Q「」

B「」

マミ(冗談言ったら殺される!!!)

マミ(ゆまちゃんと佐倉さんはおしゃべりしてるし)

マミ(織莉子とキリカも優雅にあーんしあってやがるし)

マミ(暁美さんは性格が変わってるし志筑さんは面識あんまりないし)

マミ(食べ比べてもどっちも美味しいって思ったけどそれを言ったら怒られそうだし)

マミ(突破口……突破口を……)

マミ(まずは整理してみましょう……状況としてはキノコとタケノコの二択を迫られている……考えられる選択肢は)

A 私はパイの実至上主義なのよとか言ってみる

B どっちも美味しい!とか言ってみる

C どっちもまずいとあえてダメだし

D キノコに選んで派閥に入る

E タケノコを選んで派閥に入る

マミ(ABCは死ぬ可能性まで見える……やはりここはキノコかタケノコかを選ぶしか……)


まどか「マミさん、別にはっきり言ってくれてもいいんですよ?」

マミ(え?)

さやか「あんまり気にしないではっきり言っちゃってくださいよ、言い難いんでしょうけど」

まどか「キノコが」

さやか「タケノコが」

まどさや「あまりにまずくて言い難いんですよね?」

マミ(違うわよ!)

まどか「月とすっぽんなんてレベルの差じゃないですからしょうがないですよね」

さやか「キノコの力でたまには買ってやるかって程度にしかタケノコなんて売れてませんから当然ですよね」

マミ「わ、私は……」

マミ(ええいもうどうにでもなれ!)

マミ「私は>>80よ!!!」







80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 16:38:26.79 ID:3zqbxxIX0



たけのこのが食べにくいだろ
あのゲロ甘いチョコ()が手に着くわ







84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 16:38:57.88 ID:pipJqZM70




どういうことだ・・・おい・・・






86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 16:39:32.77 ID:Vw3ALDW60



キノコ派ということか





87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 16:39:37.53 ID:L3Jqzm5R0



>>80
これをまどかに言ったら半殺しじゃ済まねえだろ…






88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 16:39:43.51 ID:NrYNA6kZ0



杏さや二人がきのこ厨とか勘弁して欲しい





89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 16:39:57.58 ID:tx+74Epx0




マブさん終わったな




93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 16:42:53.02 ID:ecnmOHC80




おわった





94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 16:43:18.47 ID:OWQHufhf0




>>80
やるじゃん





96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 16:48:27.69 ID:VLdZHwli0




>>80
よくやった、これでほむほむの目も覚めるだろう








97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 16:48:51.15 ID:+Botx8oL0



マミ「たけのことか食べにくいわ、あのゲロ甘いチョコ()が手に着くし」

さやか「さっすがマミさん!やっぱりマミさんは違うって思ってたんですよ!」

まどか「幻滅しましたよ……マミさんも味覚障害だったなんて……」

マミ「きのこの方がいいわ!」

まどか「もういいよ、他の二人もきのこ厨と仲良くしてるし」

ほむら「あ、あの……まどか?」

まどか「やっぱり私の一番の友達はほむらちゃんだね」

ほむら「あぅ///」

さやか「はぁ、傷の舐めあいなんて見苦しいなぁ、これだからタケノコ派っていやなんだよね」

仁美(正直どっちでもいいって人のほうが多いと思うのですが……)

マミ「そうよ!きのこよ!きのこをもっと持ってくるのよ!」

杏子「おーいゆま帰るぞ」

ゆま「はーい」

織莉子「私達も帰りましょう」

キリカ「了解」

まどか「ねぇほむらちゃん」

ほむら「何かしら?」

まどか「ほむらちゃんの知り合いって、まぁ当然タケノコ派しかいないと思うけどどれぐらいタケノコ派っている?」

ほむら(聞いたこと無いから知らないわ……)

ほむら「えっと……ずっと入院していたから……あまり知り合いがいなくて……」

まどか「はぁ……」

ほむら「ご、ごめんなさい……でもね、まどか」

まどか「何?」

ほむら「他の人がどう言ったって、私はあなたとたけのこの里を一緒に食べたいわ」

まどか「そうだよね、数よりも質だよね」

ほむら(二人でお菓子をあーんとかできるのかしら!)

まどか「あんな烏合の衆なんてゴミのようなものっておもってるんだねほむらちゃん!」

ほむら「え?そうじゃなくて……」

まどか「味覚障害どもに質なんてわからないからしょうがないよね!やっぱりほむらちゃんは頼りになるなぁ」

ほむら「……そう……ね……」







               終わり








102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 16:58:03.21 ID:+JwIqxBOi




乙っちまどまど!






103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 16:58:34.17 ID:9C9jcXYb0






すげー醜い争いをみた







104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 16:59:07.44 ID:tx+74Epx0





これはプロレスだと信じたい






105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 16:59:12.71 ID:NrYNA6kZ0




両方救いがねぇなww乙!






106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 16:59:19.44 ID:+Botx8oL0




マミさんがキノコでまどかとほむらちゃんは最高の友達
マミさんがタケノコでさやかとひとみちゃんとあんこちゃんは最高の友達
マミさんがどちらでもないとき、全員がはぁ?って帰っていった後で、慰めるために残ったほむらちゃんの胸でマミさんが泣く

そんな予定だった






107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 17:00:07.26 ID:NrYNA6kZ0




>>106
何故そのまま突き進まなかったんだ!!







108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 17:04:13.62 ID:fJcsKOP50




ほむマミチャンスだったなんて






109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 17:05:52.15 ID:BFi0shBkO




クッソクッソまどほむはきのこだろ

たけのこなんてデミさんとさやかにくれてやる







112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 17:10:30.03 ID:c1/HkC3T0





ほむマミ…






113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/19(火) 17:10:48.93 ID:c94yPE00O



シャルロッテの意見を聞きだい




www_dotup_org1776444.jpg

魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいど 暁美ほむら (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

魔法少女まどか☆マギカ お守り 暁美ほむら -友情御守-

魔法少女まどか☆マギカ カラコレ (トレーディングマスコット) BOX

魔法少女おりこ☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

魔法少女おりこ☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

魔法少女かずみ☆マギカ ~The innocent malice~ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)




コメントの投稿

非公開コメント

ねんどろいどマミ
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

タラヲプラス

Author:タラヲプラス
FC2ブログへようこそ!

リンク
スポンサードリンク
ブラック★ロックシューター (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
アクセスランキング
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
679位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
ISシャル
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。